タグ別アーカイブ: Willcom

WILLCOMの「だれとでも定額」を申し込みました

WILLCOM|だれとでも定額
ウィルコム「だれとでも定額」発表、月額980円で携帯電話への通話料が無料に
相手が誰でも通話無料、ウィルコムが「だれとでも定額」の全国サービス開始を正式決定 – GIGAZINE

倒産したりで元気がなかったWILLCOMですが、やっと戻ってきました!
今まで一部地域でのみのサービスでしたが、好評との事で全国に。

最近増えた定額プランの新ウィルコム定額プランSが1450円ですので、2430円という安価で、
・メール無制限
・PHS同士通話無制限
・10分までの通話を500回まで

という、かなり魅力的なプランになりました。

早速、私もBAUMより申し込みをする事にしました。
私は通話パックに入っているのですが、これは同時に入る事が出来ないとのこと。
とりあえず通話パックを解除しました。
その後、公式サイトから申し込むと、「あなたは7日よりサービス開始します」とのこと。
ちょっと間が開くみたいですので、気になる方は気をつけてくださいね。

しかし、相変わらず端末の魅力がないのが残念なところ。
おもちゃみたいな可愛いのは結構あるので、若い子達にはウケるかもしれませんが。
BAUMなんて欲しくて買ったと言うよりも、これしかなかったから、くらいの感覚ですからね。
もっとビジネスでタフに使える物があれば…と思う次第。

「Premium Bar presented by BAUM」 に機種変更しました。

前機種 BAUM
現機種 Premium Bar presented by BAUM

並べると

左が現機種、右が前機種。

「色違いで一緒やん」って?
そう、一緒です

これを機会に、docomo辺りに乗り換えようかと思ったのですが、
今の番号が気に入っているので諦めました。
(iPhoneも会社の携帯もあるしw)

買い換えの理由はバイブが動かなくなったため。
同じ機種の理由は次の3点。

・「新ウィルコム定額プランS」に入ることが出来る。
同じ機械なのに端末価格がBAUMより安い。(BAUM;52,560円、Premium Bar;42,000円)
・事実上京セラしか流通していない

しかしながら、この中で、新ウィルコム定額プランSというのはくせ者で、
端末は2年縛りだけど、契約は3年縛りになります。
あと、他携帯と固定電話への通話料は上がります。
メールは普通と一緒で、追加金なしで使い放題です。
添付もしたい放題です。

というわけで、僕の使い方ではトータルで安くなる計算になっています。

しかし、再生中だから仕方ないとはいえ、同じ携帯ばかり嫌だなぁ…

ウィルコムの会社更生手続開始が悲しくて仕方がない。

会社更生手続開始の申立に関するお知らせ
自主再建のシナリオが頓挫したウィルコム、会社更生法を申請
WILLCOM、会社更正法を申請という報道
ユーザーとしては悲しくて仕方がない。

安価で使えるナローバンドのサービスはこれからも必要だろうし、
何よりも高速通信のWILLCOM CORE XGPだって始まったばかりなのに。
資金繰りが出来無いというのが悲しいところ。

とはいえ、サービスは続けていくということなので、
これからの発展に大いに期待したいところ。

がんばれ、WILLCOM WILLCOM

HONEY BEE 3 で面白い試みをやっている。

「えらべる!512」キャンペーン

8 x 8 x 8 = 512

という計算なわけだけど、
これがやってみたら面白いのです。
どうせ割賦制になっていて、2年くらい使わないと損な今時分、
こういう自分だけの色を持っていても良いと思うのです。

受注生産で1ヶ月程かかるということと、
そもそもの性能がもう一つというのが買うのを躊躇わせますが。

WILLCOMには頑張って欲しい。

WILLCOM遣いの私は、そう、思います。

事業再生ADR手続利用のお知らせ
「WILLCOM CORE XGP」のサービス開始について

新しいサービス開始」と、「借金返済待ってくれ」という、二本立て。
悲しいかな。

新しいサービスが本格的に全国に広まれば、
それはもう、世の中の通信事情が大きく変わるのでしょうね。
少なくともモバイラーの幾分かはそちらへ流れるでしょう。

他の技術より多くの良い面がありますが、その反面悪い面もあります。

良い面の一つとして、アンテナが多数ある分、
一つの基地に対する負荷が分散されることによって、
平均的なパフォーマンスが保たれるというのが大きいでしょう。

逆に、悪い面の一つが多数のアンテナを揃える必要がある、
つまりは設備投資であることは間違いないでしょう。
しかし、基地局を整えないことには戦えない。

その結果が今回の発表なのでしょう。

事実として、本格稼働すれば、携帯各社に十分戦える存在だと思います。
通信はPHSだった以前のように返り咲く可能性は十分に秘めている感じます。

楽しみであり、心配しています。

Willcomが面白くなってきた。

本日発表されましたこの情報。

http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2009/04/22/index.html

次世代PHSの話です。

最近は高速無線技術、サービスが活発化しており、

なかなか面白い状態が続いている昨今であります。

 

下り18Mbpsはまだしも、上り12Mbpsは驚愕。

下りはあれとしても、ADSLよりは速い。

条件の悪い光よりも速い。

無線LANのIEEE802.11bよりも実効値として速い。

 

今年の秋にはサービス開始とのこと。

たとえば都心のADSLのシェアは食い尽くせるかもしれませんね。

Willcomの巻き返しがくるのでしょうか。

何にせよこの手のサービスは歓迎です。

 

願わくばGooglePhoneで採用されますよう。

そんな日。

研修記録-2[入社式]

05:40 起床
06:30 出発(部屋の鍵を見失う)
08:00 本社到着
08:40 入社式リハ開始
10:30 入社式
11:30 昼休み
13:00 入社説明会
17:20 終了
19:00 晩飯
19:40 帰宅

鍵はシャツの胸に入っていました。
無念。

実にハードな一日であります。
早速居眠りしてしまったのは内緒。
よくあれだけ話すことがあるなぁと逆に感心しました。

どうやら、来月からは研修センター併設の寮に移るようです。
willcomをモデムにしようかしら。

そんな日。

郡山モデルの意味。

以前かいたのですが、
W-ZERO[es]に郡山モデルと書いてあり、
非常に興味が出たのです。
本日某店に行ってたずねてきました。

ちなみに
W-ZERO[es]プレミアム(19,800円なら買う)
→値切れなければnineにする。
という予定です。

私「郡山モデルって何か違うんですか?」
店員「違わないです。」
私「え?じゃあ何で郡山モデルなんですか?」
店員「AQUOSに亀山モデルってあるでしょう。
 実はこれ、すぐそこで作っているのですよ。
 だから、郡山モデルってしてみました。」

なるほど。
店員が独自にやってるだけかぁ…

というわけで、値段交渉開始。

私「あの、Yバシで19,800円やったんですけど。」
店員「え、プレミアムがですか?」
私「はい。19,800円にしてくれはるなら買おうかなぁと。」
店員「少々お待ちください」
—<店員、上司に交渉中>—
店員「お待たせしました。その値段でやらせてもらいます。」

というわけで、値引き作戦が難なく成功。
即決で購入へ。
色は白にしました。
黒は納期が遅れるとのことなので。
ぱっと見、ラジオみたいだし。

ちなみにYバシはアキバのYバシでした。
kakakuにそんなコメントがあったので。
梅田のじゃないとこがミソ。

そんな日。

今日の紹介はCD。

いまさらですがFriday Night in San Francisco。
ものすごい演奏。
全部良い。

体のケアとお使い。

とは大げさですが。

今日の予定は
・散髪
・針
この二つでしたが、

母「あんた、あっち行くんやったら買い物してきて!」
の一言で2件仕事ができました。

すると携帯などで色々な新機種が出てました。
私が一番気になったのが
WILLCOMのnineです。
実物と違うのでしょうが、モックを触ってきました。

なかなか小さいのですが、思っていたほど小さくはありません。
それよりも薄いのが特徴でしょう。
11.5mmというのは伊達じゃありません。
重さも手ごろ。
液晶が小さいので
フルブラウザの恩恵に預かれるのかどうかが
私の中でもっとも不安なところ。
しかし、esを買おうと思っていた私の心を揺さぶってくれました。
めっちゃ無くしそうやけど。

散髪も針も滞りなく終了。
やはり私の体は駄目駄目のようです。

そんな日。

今日の紹介は音楽?。
Blue Man Group @YouTube
やはり異質。
おもろい奴らです。