タグ別アーカイブ: 社会

とても急いでいる時に使える運送屋さんについて

近いところはバイク便がある。
あるいは自分で走ればいい。
しかしながら、海を渡る必要があるような場所へはどうだろうか?

例えば、大阪から札幌まで、普通のヤマトの宅急便ではどれくらいかかるか?
答えは、3/15日に送ると、17日の朝に着となる。
つまり、間に1日挟まってしまうため、「明日の朝に届けて欲しい」という要望には応えられないわけだ。

そこで困ったのが私である。
そして、ヤマトのコールセンターに教えてもらったのがヤマトの子会社である、
ヤマトグローバルエキスプレス株式会社
である。

専用の貨物便を使用し、都市圏であれば翌日の朝の到着を可能にしているらしい。
どうしても急ぎの荷物があれば、こいつにかけてみるのも良いと思う。
法人向けサービスらしいけどね。

奈良の由来

先輩から「奈良って、どういう意味?」と聞かれて分からなかったので、調べました。
「ならす」からきたとか色々ありましたが、つまりは良く分からんと言うことでした。

んで、こんなの見つけてしまいました。
奈良のナラは韓国語のナラ(国)という意味ですか? (1/2) – 歴史 – 教えて!goo

う~ん。
真偽はともかく、香ばしい。

駅で見た良い風景

東京の某駅で見た風景。
自分にとっても欠けてしまった感覚。

赤ちゃん連れのお母さんが、ベビーカーを押している。
押している先は下りの階段であり、エレベータはないかと周囲を見回している。
そこでどこの国か分からないけど、外人さんが片言で
「ハイ!ココオリルデスカ?」
と聞いて、お母さんがウンとうなずくと、
「テツダイマス!」
と言ってベビーカーをお母さんと一緒に持って階段を降ろしていた。
彼は階段を上ってきて、たまたまそのお母さんを見ただけなのに…

結局のところ、なんぼ助け合おうとか口で言うていても、
こういう事すら出来ない僕らに何が出来るんだろう。
そう思った日。

どうして匿名の寄付が賞賛されるのだろうか

今日世間を賑わしているタイガーマスクの件。
私には気持ち悪く映る。

行為自体は美談であり、善い行いと思う。
気持ちが悪いのは一部で報道されたタイガーマスクが全国に飛び火した事である。

善い行いなのだから名前を出せばいいのに、匿名で、しかもタイガーマスクである。
その世代が引退期に入ったから、その名前を使っているのかもしれないが、今の子達は知らんだろうに。
鼠小僧が義賊と称えられるのはそこにあるのかと邪推してしまう。

世界寄付指数、日本は119位と低迷 – NPOWEB
World Giving Report Interactive – CAF (PDF)
このデータによると比較的日本に優位と思われる寄付金に関しても、
ラトビアやエストニア、クロアチアと同じレベルである。

あるいは、匿名であれ寄付が過度に賛美される理由がここにあるとすると、それはそれで寂しい話と思う。
どうして匿名の寄付が賞賛されるのだろうか、公に寄付をすれば良いのに…と思わずにいられない今日この頃です。

岡崎の図書館事件が新しい展開になってきた

asahi.com : 図書館アクセスで起訴猶予 男性、被害届取り下げ求める – マイタウン愛知
これは非常に興味深い。
事実上の反撃開始やね。
この先の展開が楽しみです。

関係サイトの新しいのはこの辺
高木浩光@自宅の日記 – 検察は何を根拠に犯罪と判断したか 岡崎図書館事件(14)
検察庁で聞いてきました | Librahack : 容疑者から見た岡崎図書館事件

おまけはこれ
Togetter – 「「Pマーク」終了のお知らせ – MDIS 個人情報公開しても [Pマーク更新]」

この件に関する当サイト以前の投稿は
MDISって半年経ってこれだけ叩かれても、まだこんななのな。 | ONE/ONE
ONE/ONEにアクセスを試みる前に、ちゃんと許可を得てください。 | ONE/ONE

個人的にmixiが嫌だと思う理由

最近のmixiの迷走っぷりは色々なところで話題に上る状態です。
もともとmixiは余り好きでないのですが、最近更に嫌になったのでメモを。

・プライバシー設定がデフォルトで公開になっている

これがもう、本当に鬱陶しい。
ちょくちょくサイトデザインが変わったりするのだけでも鬱陶しいのに、
それに加えてプライバシー設定の関係もちょくちょく増えやがる
そしてそのどれもがデフォルトで”公開”の設定になっているのだから信じられない。
以前、Googleでも同様の事があって大批判に遭い、現在では限定公開がデフォルトである。
(あるいはサービスの利用開始時に聞いてくる)
なぜ、mixiでは、この様な状態なのに話題に上らないのかが、不思議で仕方がない。

・メールアドレスでのユーザー検索機能

元々捨てアドレスで登録してある僕にとっては関係のない話ではあるが、
メインアドレス、サブアドレスでmixiを利用していたら…と思うとなかなか鬱陶しい。
しかも直ぐに止めているし、余計に鬱陶しい。

・猿真似ばかりのサービス

ボイスにしてもアプリにしてもイイネにしてもチェックにしても…
中国をバカに出来ないレベルの猿真似。
ここまでくると逆に清々しい。
先の二つについても同様である。

・社長の発言と新サービスの微妙な矛盾

「われわれの定義するSNSは、友人、知人とつながりを提供するサービスのこと。この定義だと日本ではSNSはうちだけ、というのがわれわれの主張」
社長が言ったとされる一言。
ということは、現実でのつながりをネットに持ってきただけ、グループウエアもどきみたいな感じ。
つまりはクローズだということ。

先の二つに反すると思う。

口先:クローズドなSNSが当社の特徴
→現実:たちの悪いFacebookみたいに変化中

こんなサービス、信用する方が難しい。

・参考リンク
「われわれの定義では日本でSNSはうちだけ」=ミクシィ笠原氏【湯川】 : TechWave
コデラノブログ4 : mixiに受けた「いやァな感じ」 – ライブドアブログ
mixiの新機能「イイネ!ボタン」挙動が不思議すぎる件 – カイ士伝
最近のmixiが迷走している理由
Togetter – 「mixiを初期から使っているユーザーのmixi談義」
Togetter – 「ソーシャルメディアがキャズムを越えるとアーリーアダプターが抜けていく/ウェブで情報を残すということ」
【2010年11月最新版】直近決算発表に基づくmixi、GREE、モバゲーの業績比較 ~ Amebaとニコニコ動画もあわせてチェック:In the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ

MDISって半年経ってこれだけ叩かれても、まだこんななのな。

以前までのはこの辺を参考にしてください。
ONE/ONEにアクセスを試みる前に、ちゃんと許可を得てください。 | ONE/ONE

高木さんの最新のはこれ
高木浩光@自宅の日記 – 三菱電機ISに求められているものは何か 岡崎図書館事件(10)

今日、問題のMDISからのプレスはこれ
弊社図書館システムに生じた問題について(お詫び) | MDIS

呆れて言葉が出ない。

私の偏見で全く申し訳ないが、実はこの財閥系の会社は他にも同じような印象がある。
今回の件で可能な限り、この系列会社を使いたくないと思わせるプレスだった。

私の小さい頃と司馬遼太郎

先ほど思うことがあり、ちょっと色々思い出したので書く。
忘れないと思うが忘れてしまっては困るのだ。

今回は個人的な思い出話なので、長くなるので興味がなければ見ないことを薦める。
内容は「私の思い出の中の司馬遼太郎」。
そして今の龍馬ブームについての所感。

もう20年以上、前の話。
私は東大阪にある、布団屋を営む母方の祖父の家に毎週訪れていた。
祖父は初孫の私をとても可愛がってくれており、毎週公園に連れて行ってくれていた。
公園で祖父と遊ぶのは、私の週末のとても楽しい事の一つであった。

司馬遼太郎に通じている方は良くご存じと思うが、司馬遼太郎の家は東大阪は小阪にある。
私と祖父がよく遊んでいた公園は、八戸ノ里公園である。
彼の家との距離は500m程だろうか。
そのため、散歩をする彼をよく見かけた。

記憶違いはあるかもしれないが、私の記憶では缶ピースをいつも持ち歩いていた。
当時は歩きタバコが咎められる時代でもなかったので、散歩中にプカプカやっている彼を良く目にしたと思う。
貨物用に特別に作らせた、自転車の荷台に載る私に祖父は教えてくれた。
祖父「このオッチャンは作家さんでな、すごいオッチャンなんやで~」
私「そうなんや~面白い本書いてんのん?」

当時は無邪気にも言い放っていた。
その凄さを実感するのは、彼も亡くなってしまった、10年経った頃であったが…。

当時、既に「竜馬がゆく」は世の中にあり、世間的にも坂本龍馬といえば幕末のヒーローの一人だった。
しかしながら、祖父はこう言っていた。
「坂本龍馬ってな~。今は有名やん?お前でも知ってるやろ?でもな、あのオッサンが有名にしたんやで。すごいやろ~?」
やはり当時は良く分からなかったが、祖父が余りに凄い凄いと言うので、読んでみようと思った。

当時、家に帰って驚愕することになる。
我が家は廊下の壁に大きな書棚があるのだが、そこには多くの彼の小説があった。
どうやら本の虫である父方の祖父が大好きなようで、良く集めていたようだ。
ちなみに、それらは今も多く、我が家に残っている。

その時の奈良の祖父と東大阪の祖父が同じくして言う、
「司馬遼太郎はすごい」
という言葉が未だに印象的である。

今も龍馬のイメージの元は「竜馬がゆく」であると感じることは多い。
だからこそ、思う。
司馬遼太郎の本を、一度読んでみてほしい。
私の祖父二人が好きな司馬遼太郎の本を。

ちなみに私がタバコを止める前、ずっとやっていたのは缶ピースであった。
もちろん、彼の影響であるところは大きい。