タグ別アーカイブ: 写真

ロイターの、美しい上に考えさせられるニュースの写真が公開されていて感激した。

Pictures of the Year 2009
こんなのあったんですね。
知らんかった。

2009年の嬉しい写真も悲しい写真も載っています。

やっぱり、プロのカメラマンてのは違う。
こういう写真ってのは本当に撮れることがすごいと思う。


ここから先は僕の個人的な話。

秋葉の事件でカメラマンのマナーが色々問われていました。
あれは撮る際のマナーがどうのという話だったのです。

「ああいうことする人って、どうなの?」
「仕事だからってあんなことしてていいの?」
うん、分かる。

あれに関しての記事はこれになるんだけど、
花の写真を撮る
こういう事を書いていたら、この時にコメントしてくれた人たちのお怒りの言葉を思い出す。

で、その中でleOnさんの

それを見る立ち位置によって見える物は違ってきます。
例えば戦場で逃げまどう人達や飢餓でガリガリになった子供を撮ることだって
「メディアが伝えるべき真実」と言うかもしれないが、それだってレンズを通して
いない外側から見れば被写体を見殺しにしている残酷な行為とも言える

この一言が、僕が言いたかったことの全てなんですけど、
意図を汲んでくれていて本当に嬉しかったなぁと思い出します。

こういうの撮っている人は本当に悪人よね。
なぜなら、僕が当事者なら怒って殴りに行きたくなるもの。
身内が死んでるのに、それを見せ物に、そいつのお金にするんだから。

そう、どれだけ綺麗事を言っても、それはやっぱり悪なんだと思うんだ。
でも、誰かに伝える必要はあるんじゃないかな。
いわゆる必要悪じゃないかな。

未だに延々と続く葛藤です。

black bird,fly で奈良公園を散歩してきた。

トイカメラはやっぱり面白いですね。
こんなカメラです

このblack bird,flyはちょっと高いけどね。
8,000円くらいが妥当に感じるな。
とはいえ、面白いです。

今日撮ってきた写真は
当ホームページ内はこちら
Picasaはこちら


こんな感じの写真です。

今日の教訓は
・F7かF11しか選べないのを忘れるな→ISO400は欲しい
・スキャナが枠内しか読めないんだから、24×24の方が良い
・シャッターを切るのに水平狂いやすいから気をつける

こんな感じ。
面白いですよ~

GARY FISHER ION SUPER を買いました。

先日、ロードバイクのGARY FISHER Ion Superを買いました。

去年まではKLEINにしようかと考えておりましたが、
残念ながら取り扱いをやめてしまったようです。
その代わりにかどうかは知りませんが、MTBでとても有名なフィッシャーからロードが出ました。

試乗してみての印象は、とても良いハンドリングと、乗り心地。
チト高いけど納得の価格という感じでした。
予算的にはproでも良かったのですが、こっちの色が気に入ったのでこっちにしました。
105以上のコンポにしたかったのですが、またの機会にします。
ブレーキだけアルテグラにしています。

写真はこちら。

50km程乗り回しましたが、良いですね。
今まで乗っていた10万円くらいの自転車とは雲泥の差でした。
(10万円のが9BAR、こいつが4BARで同等くらいの感覚。)

「通勤や買い物に使う自転車なので、Soraでもいいや」
と思っていましたが、その考えは甘いものでした。

この自転車はTiagraなのでブレーキレバーでシフトアップもダウンもできる、
DCL(デュアルコントロールレバー)というやつなのですが、
下ハンドル持った時だけでなく、軽く漕いでいる時もシフトアップが容易にできるため、とても楽です。
105は高いのであれですが、ちょっと無理してもDCLができるTiagraの方がいいです。

後、ブレーキは105以上の方がいいです。
アルテグラにして分かったのですが、
SoraやTiagraのブレーキはあまり止まりません。

いずれ、ディレイラーやシフターは105で揃える気ですが、
とりあえず新しい105が出るまで待とうと思います。

今時のインスタントカメラについて思う。

いわゆるインスタントカメラというのは、ポラロイドだと思います。
先日だって日本法人が出来たので思うことを。

暗室作業を必要とせず、撮影から1分ほどで写真ができあがる、
何ともお手軽な物でした。
近年では定着前にはがしたりするアートが流行ったりもしました。
トイカメラブームの際の人気もありました。

これらは昨今のデジタルブームにより、相次ぐ撤退が決まりました。
今残っている上記のような機器は、富士フイルムのチェキでしょう。

元祖インスタントカメラのポラロイドは、デジタルに走っていきました。
そして完成したのが、「PoGo」
プリンタ内蔵のカメラで、名刺くらいのサイズのプリントが得られます。

使用するペーパーはZINK Zero Ink
感熱式のペーパーとのこと。
タカラトミーのxiaoと同じ。
一枚あたりの単価も安く、それなりの画質が得られるインスタントカメラになりました。

今となってしまえば、携帯で写真が撮れるし、
高画質なデジタル一眼も安価になっています。
ペーパーに出さずに画面の中で足りるという方々も多くなっています。

その中で敢えて出してきたのが Polaroid TWO
大変感慨深い製品ですね。

トイカメラ的な性能もこの会社だから許されるでしょう。
あのサイズのペーパーでは500万画素でもオーバースペックです。

もっと言うと、PoGoというモバイルプリンタが安売りになっています。
写真は携帯という人たちも、これならば楽しめるのではないかなぁと思います。

写真はペーパーに起こしてこその価値があると思います。
以前流行った、「プリクラ」みたいなのでも楽しめるように。

今までやったこと無い人たちにこそ、お薦めです。
写真の管理なんか、深く考えない方が良いです。
でかいコルクボードにピンを打ちまくっていくだけでも楽しいですよ。

フローティングダックを見に行く日。

水都大阪2009 八軒家浜会場

本日は北浜と天満橋の間にあるところで、
大きいアヒルが浮いているという話を聞いていたので、
見に行ってきました。

想像通りの大きさで驚きました。
歴代のロボットと比べられているのが面白い。
流石にガンダムよりは小さいわけですが。
「痛いニュース(ノ∀`):ありえないほどでかいアヒルが大阪に出現」より

大きくて面白かったです。
とりあえず写真撮ってきました。
水都大阪2009 アヒル

大きいけど、とても可愛い顔をしていました。
小さければ、お風呂に浮かべる普通の奴より可愛いと思います。
小さければ、ね。

最後の方はチルトを多用してみました。
こういう非日常なやつは、やっぱこういう写真が面白いですね。

送信者 水都大阪2009 アヒル

– Title “Ahiru” DATA –
[ Camera : CANON EOS 5D / Lens : MC ARAX 2.8/35mm ]
こんな感じです。
楽しいわ~

ツーリング+キャンプの準備

Apeさんにちょっとした用意を積んで、
いつかは行くであろうと考えているので、メモ。

ちなみに、今までは自動車の収納性能に甘えて、
非常に大きくて快適なモノしか持っていませんでした。

Apeさんに乗せられるのは5kgまでだろうと考えているので、
とりあえずそれくらいを計算しつつ。
ちなみに、目的は酒なので2kgはまず、酒で消えますw

テント
シュラフ
マット
で3kgを目指す。
他の用意はコンビニや相方を使います。

今狙っているのは以下の通り

テント

L.L.Bean / Microlight Tent, Two-Person
軽い。写真だとモンベルのムーンライトみたいね。2kg。

Quechua / 2 SECONDS
放り投げたら広がる。たたむと円盤形。安い。2.5kg

シュラフ

L.L.Bean / Cabin Fleece Sleeping Bag
フリース素材。安い。暖かい毛布を羽織る感覚かな?実物見たいな。重さ不明。

マット

バイクの前にぶら下げる予定。
銀マットで良いかなぁと考えていますが、

Pathfinder Sleeping Pad
200gだし、安い。

以上で3kg位に収まる予定。
酒入れての5kgはきつい。

なんで5kgかというと、
キャリアが3kgまでとなっているため。
おそらく倍まではいけるだろうと言う勝手な推測の元、判断。

円高のうちに買おうと思います。

GIMPが本当に良くなった。

参考サイトはこれ。
Wikipedia
Gimp wiki
GIMP2を使おう

GIMPは2.6になってから、とても良くなった。
取っ付きにくいUIが改善された。
Photo Shop のブラシが使えるようになった。

相変わらずCMYKの出力に難があるというが、
私たちが普段使うのはRGBである。
印刷関係のプロでは困るだろうが、
少なくとも私は困らない。

実際使っていて困ったことは、特にない。
少なくともPhotoShop 7.0よりは十分使えるソフトと思えた。
カラーマッチングとかしていくと困るのかも知れんが…

そういえば、初めてGIMPを触ったのはいつだったか。

あれは、ネットが繋がるかどうかくらいの、
中学生くらいの時だったから、
バージョンで言うと0.6くらいの時だったろうか。

あの時、日本のLinuxといえばVineやTurbo。
あとはRedHatくらいで、Debianなんてマイナーだったと思う。
そんな中、Redhatをいれて、何ができるか遊んでいた。
その中でGIMPをインストールして遊んでいたが、
間もなくWindows移植版も出たので遊んでいた。

確か、あの時は中途半端な日本語化なソフトあった。
そこらのソフトよりは色々なことができそうな割には、
当時のこの系のソフトにしては珍しく無料であった。

何ができるかさっぱり分からなかったが、
Script-Fuが強力で、これから良くなるだろうと、確信していた。

そう思い、早十数年。
GIMPは2.6となっていた。
先日OSの入れ直しをした私は、
先日、写真を触る必要に迫られた。

いつも使っているPhotoShop 7.0のCDを手にした時、
GIMPの存在を、ふと思いついた。

というわけで先日入れてみたのだが、
十二分に力を発揮してくれたので有り難かった。

PhotoShopが無いなら入れてみればよいと思う。
それでもどうしてもPhotoShopがいるなら買えば良いと思う。

そんな日。

松尾寺に行って思ったこと

そろそろ山には秋があるかな、と思い、Apeさんで出かけました。
EOS 5DとZeissのPlanar 85mm/1.4を持って。

http://one-one.biz/photo?album=Sep2009

結論からいうと、秋の気配は感じましたが、
秋の色は感じませんでした。
晩夏から初秋という感じ。

音にはツクツクボウシや鈴虫などが鳴いていて、
とても秋らしい音でした。
気温もとても涼しくて秋らしかったです。

しかし、写真で撮る景色には、なかなか秋を感じられませんでした。
残念。

しかし、面白い看板を発見しました。
一枚目の写真に載せています。

「動物・ゴミ等の不法投棄を禁ず」
動物もモノ扱いw

そんな日。

麺屋一徳@天理へ行く。

店長が一人。
客席は8席しかないラーメン屋さん。

店長には、まりお時代ではお世話になりました。
まりおで修行された方が独立するという話は、初めて聞いたのです。
だから楽しみでしたが、なかなか行く機会がありませんでした。

場所は

大きな地図で見る

写真は下記の食べログより
麺屋 一徳 いちとく – 麺屋 一徳 (天理市) [食べログ]

頂いたのは塩。
味はまりおみたいにパンチがある味ではありません。
しかし旨い。
非常に繊細かつコクのある旨いラーメンでした。
特筆すべきはチャーシュー。
まりおの豚骨ではスープの強さで忘れがちですが、
こちらの繊細なスープの中では、非常に強い個性となって出ていました。
スープも最後まで美味しく頂けました。

また行こうと思います。
そんな日。

Aug.15.2009 うなぎつあー

またまた行ってきました。
うなぎを食べに。

2:00 集合し始める
3:00 出発
(この間下道のみ)
7:30 銭湯へ到着
(仮眠)
10:00 出発
10:15 酒屋到着
10:50 なかやさん到着
12:00 出発
16:30 帰宅

こんな感じ。
相変わらずの強行軍。

大きな地図で見る
往路はこんな感じ。
復路は適当に高速乗ってます。

お盆に突撃とのことで、渋滞を鑑み、
時間に余裕を持って挑みましたが、
杞憂に終わりほっとしております。
反対車線は地獄でしたが。

写真は
http://one-one.biz/photo?album=Aug2009Unagi&kpap=1
にアップしています。
2ページ目からウナギの写真です。
生きているのをグサッと言うシーンは自粛しました。
撮ってません。
どっかの団体からクレーム来ても嫌だからね。
ただ、血まみれのまな板で大体は把握できると思われます。

グロ注意

(お好きな人はムービーを発見しましたとです。)

やっぱり美味しいね。
延々と車で走ってきた甲斐がありました。

そんな日。