タグ別アーカイブ: 仕事

全国チェーンホテルの私見

出張生活もそれなりに経ち、国内の全国チェーンホテルに対する私見がまとまったので記す。

・アパホテルズ&リゾーツ
・R&Bホテル
・東横イン
・ドーミーインチェーン
・チョイスホテルズジャパン(コンフォートホテル)
・ダイワロイネットホテルズ
・リッチモンドホテルズ
・サンルートホテルチェーン
・スーパーホテル
・ホテルアルファーワン
・ルートインホテルズ

よく泊まる全国チェーンホテルは上記。
特徴を挙げていく。


・アパホテルズ&リゾーツ
多くの場合、安くない。
立地は良いことが多い。
比較的きれいなホテルが多い。
大浴場が付いていることが多い。
朝ごはんがあることが多い。
部屋は多くの場合狭い。
経営に行き詰まったリゾートホテルを買収している場合もあり、その場合は上記に当てはまらない。


・R&Bホテル
安い、狭い、音が響く、社畜を感じる。
朝のパンがあるが、特に…


・東横イン
良くも悪くもビジネスホテルの基本。
安い、狭い、音が響く、社畜を感じる。
夜にカレーがあるところもある。
この場合、近くでカツを買ってくるとカツカレーになるのでよろしい。
朝飯付きだが基本的には気持ち程度の軽食。
カレーがあるところもあるが一部である。
ちゃんと食べたい人は別を考えたほうが良い。


・ドーミーインチェーン
ちょっと高い。大浴場がある。
部屋にはシャワールームのみ、ある。
部屋の広さは普通。綺麗なことが多い。
朝飯が、とにかく良い。
夜は無料の小さい中華そばがある。
洗面の蛇口が使いづらいのが減点。


・チョイスホテルズジャパン(コンフォートホテル)
特筆すべき点もない。
普通のビジネスホテル。
東横インよりは部屋が良い。


・ダイワロイネットホテルズ
とにかく綺麗で広め。風呂も広い。
比較的高い。
さすが大和ハウスグループ、調度品もシンプルで良い。
朝飯もよろしい。
磁気カードを使用する。
ポイントカードを持っているとそれがそのまま部屋の鍵になる。


・リッチモンドホテルズ
高すぎない程度の値段。
部屋は綺麗だが広さは普通。風呂も特筆すべき点はない。
ただ、総合的によくまとまっていて下手なホテルに泊まるよりよっぽど良い。
朝飯もよろしい。


・サンルートホテルチェーン
特筆すべき点はない。
普通のビジネスホテル。
東横インよりは部屋が良い。


・スーパーホテル
とても合理的にシステム化されている。
朝飯付きで、品数は少ないが悪くない。
アメニティは必要最小限。
チェックイン時に会計を済まし、レシートに記載されている暗証番号が部屋の鍵。
このレシートを無くすとえらいことになる。
大浴場が付いている場合は良いが、ユニットバスはとにかく小さい。
部屋は暗めだが慣れる。
また、24時までにチェックインしないとダメで、この点は他のホテルと使い勝手の点で劣る。
総合的な内容の割には価格は安い。


・ホテルアルファーワン
特筆すべき点はない。
普通のビジネスホテル。
東横インよりは部屋が良い。
地方に多い。


・ルートインホテルズ
すべての面で東横インを良くした感じ。
人工温泉と言う名の大浴場がある。
これは大浴場に入浴剤を投入しているという意味である。
以前はシャンプーやボディーソープがイマイチだったが、最近はマシになった。
朝飯付きの割にはとても良い。
毎日ちょっとずつ変わるのも良い。


以上。

私は下記の優先順位で選択することが多い。

ドーミーイン ≧ ルートイン > ダイワロイネット=リッチモンド > スーパーホテル > その他

これは、私のホテルの選択基準が、大浴場、朝食付きという点を重視しているからである。
ドーミーインに朝食が付けられれば最高であり、付けられないのであればルートインにすることが多い。
スーパーホテルは便利が悪いことが多く、条件が揃えば使うと言う感じである。
東横インとR&Bは、どうしてもそれ以外がない場合でないと使用しない。

とても急いでいる時に使える運送屋さんについて

近いところはバイク便がある。
あるいは自分で走ればいい。
しかしながら、海を渡る必要があるような場所へはどうだろうか?

例えば、大阪から札幌まで、普通のヤマトの宅急便ではどれくらいかかるか?
答えは、3/15日に送ると、17日の朝に着となる。
つまり、間に1日挟まってしまうため、「明日の朝に届けて欲しい」という要望には応えられないわけだ。

そこで困ったのが私である。
そして、ヤマトのコールセンターに教えてもらったのがヤマトの子会社である、
ヤマトグローバルエキスプレス株式会社
である。

専用の貨物便を使用し、都市圏であれば翌日の朝の到着を可能にしているらしい。
どうしても急ぎの荷物があれば、こいつにかけてみるのも良いと思う。
法人向けサービスらしいけどね。

会社を辞めてちょうど1年の日

ちょうど、前の会社を昨年の6月30日で辞めました。
今の会社へは7月5日から入社したので、プチニートの時がありましたね。
懐かしい。

記念の日なので一言だけ。

この一年は激動の一年でした。
会社が変わり、住まいが変わり、同居人がおり、嫁が出来て…
不思議と貯蓄高は減っているのですが、これは明らかな心当たりがあるので、仕方がないです。

少々バタバタしているこの一年ですが、最近ようやく落ち着いてきました。
今まで通り、何かしら面白い物を模索しながら歩む所存です。

ステッドラー・アバンギャルドのインクが切れたからゼブラの芯を買ってみた

先日仕事中にインク切れを起こしたアバンギャルド
黒インクだけで良いのですが、純正品は近所になく。

しかしながら、4Cという規格の芯であるとのことで、
日本の各社の芯を詰めることができます。
というわけで、明日からの仕事に必要なので買ってきました。

買ったのは
4C-0.7芯(油性)
JSB-0.5芯(ジェル)
S4C芯(スタイラス)
ゼブラのしかなかったので、ゼブラのみ。

三種類買ったのですが、スタイラスは感圧式のタッチパネルにしか対応していないようです。
iPhoneを初めとするスマートフォンで採用されている静電式のタッチパネルには非対応です。
しかしまあ、会社の機械のタッチペンを触ることを考えれば、私にはどちらでも構いません。

とりあえず装着テストはOKです。
書き味は明日の仕事中にチェックすることにします。
まずはジェルかな~笑

大阪市中央区で仕事をしている時に良く行った飲食店について

明日には横浜市民になります。
関西最後の日なので色々思い返していると、
二年くらい前まで大阪市中央区を自転車でウロウロしていたことを思い出します。
良く行ったご飯屋さんを忘れないために列挙。

・半蔵(ちゃんぽん、松屋町)
非常に落ち着いた味の店。
素朴で美味しい。
価格はちょっと高め。
場所が非常に分かり辛い。

・月山(そば、谷九)
今まで食べた中で最も旨いそばの一つ。
遅くなると売り切れる。
価格はちょっと高め。

・ありがと屋(お好み焼き、農人橋)
300円のお好み焼き、焼きそばがある。

・なかや(ちりとり鍋、日本橋)
焼肉定食はボリューム控えめながらも安くて美味しい。

・得正(カレーうどん、数店あり、良く行ったのは谷七)
有名なカレーうどん屋さん。

・とん平(コロッケ、数店あり、良く行ったのは心斎橋)
コロッケを初めとする店。
野菜炒め定食がおすすめ。
分かり辛い。

・更科(そば、居酒屋、南本町)
安くて早い。
昼はとても混む。

・上戸屋(串かつ、淀屋橋)
ランチが安い。
味も良い。
分かり辛い。

・一味禅(海鮮丼系、谷五周辺)
どえらい量の天ぷら穴子丼がある。
海鮮丼もある。

・李宝(中華、瓦屋町)
中華屋さん。
ランチはご飯おかわり自由。

・眠眠(中華、良く行ったのは、なんばの南本店)
餃子で有名な店。
ビックカメラの裏の割には、分かり辛い。

・愛宕屋(うどん、谷六)
なかなか旨いうどんを食わせてくれる。
ランチは特にお得感あり。

・さわ村(居酒屋、道修町)
昼は漬け丼など。
この周辺にしては悪くない。

・インデアンカレー(良く行ったのはクリスタ長堀)
有名なカレー屋。
最初は甘くて程無く辛さが訪れる。
クセになる味。

・しのはら(お好み焼、南船場)
野菜炒め定食がよく出ている印象はある。
焼きそば定食は食パンの上においてくれる。
食べていって頃合いの量になれば、食パンはトーストのようになっており、
それがそのまま焼きそばパンになるというわけだ。


ぱっと思い出せたのは以上。

ノーベル賞を取ったような人が、スパコン話をぶり返すので。

仕事上、多くの学者さんと仕事をする。
相手の名刺の肩書きには、「理学博士」というおまけが付いていることが多い。
学者さんは自分の見える範囲においては圧倒的な知見がある。

しかし、彼らは「身の回りの物にかかるコスト」には気が付いていても、
「彼ら自身にかかっているコスト」、「彼らが備品として使っている物のコスト」には無頓着な事が多い。
その主たる内容を、最近も偉い人が声高に仰っていたので再明記。

「2位じゃだめか、は愚問」ノーベル賞・鈴木さん、蓮舫氏発言をバッサリ – MSN産経ニュース

僕が以前に書いたのが
日本のスパコンはどこへいくのか。

僕が書いたののしっかり書かれたのが
スパコン予算を復活させる条件 – Mutteraway 時事問題 を語るブログ

ちなみにスパコンてのは
スーパーコンピュータ – Wikipedia

世界のスパコンは
TOP500 Supercomputing Sites

世界のスパコンの半分はアメリカにあり、ノーベル賞の半分以上はアメリカ人が取っている。
それらがスパコンだけによって得られたものではないが、所有しているというだけでも体制の違いが明確である。

スパコンはインフラのような物であり、あるべきで話を進めるべき物の一つと思う。
しかしながら、地球シミュレータみたいな独自チップでベクトル型みたいなのは時代遅れなのは明確。
こんなところにまでガラパゴス化していると、それこそ世界に後れを取るよね。

最速のスパコンのCPUは6コアOpteronを一杯つなげた奴。
ちなみに現在アジア最速は中国の物。
中国のはIntelのとNvidiaのとの複合技。
CUDAは今年の流行なのかな?

さて、さすがに日本の識者でも分かる方々がおられるようで
東工大の新型スパコン “格安”なのに「世界一」  :日本経済新聞
という話が春にあった。

ちなみに、日本の次世代スパコンは2009年度概算要求だけで267億円とのことであるわけで、
つまり東工大のTSUBAME 2.0が、この年だけで8セットも買えると言うことになる。
スパコンはたくさんあって良いと思うんだけど、こういう予算の使い方をするべきであるのは明確。

日本の次世代(笑)スパコンは
次世代スパコン「京」初号機、神戸に到着 – MSN産経ニュース
1京回の実行速度というと10 PFLOPSということになると思うんだけど、それってアメリカでも既に狙われているスペックよね。
IBM Sequoia – Wikipediaなんて来年に20 PFLOPSの予定だし。
TSUBAMEの8セット分が一瞬にして抜かれるわけよね。

科学者も、スパコン業者も、もっと考えて欲しい。
トップを目指すのは予算ではない。
目指すは性能と使いやすい環境であるわけで、
それを如何に安い予算で作り上げるかにかかっているはず。

加えて、科学者と業者は税金でスパコン作られることの重さを考えるべきである。
スパコンが無くとも、私たちの生活に支障はない。(もちろん今後は影響するだろうが)
スパコンを使用した結果、彼らがどれだけ収益を上げるかも分からない。
だから、彼らの私費で作られていない以上、無駄金は許されないはず。

今までは先行投資だと無駄遣いも結構出来たかもしれないが、
今後を鑑みると、日本には無駄遣いしているだけの余裕はあまりないと思うが。

はてさて。

労働時間=仕事量ではなく、労働時間=仕事の価値ではない。

労働時間について面白い記事が2点あったのでご紹介。

「半人前で残業なんか気にするな」 もう古いのか : J-CAST会社ウォッチ
遅刻に厳しい日本人 「でも終わる時間には寛容」

両方面白いですね。
嘘か本当かはしれませんが、両方良くある話だと思います。

前者においては定時後の時間についての問題ですね。
サービス残業を求められたと感じた故の発言でしょう。

後者においてはフレックス的な理屈ですよね。
乱暴に言うと「今日1時間後れてきたけど、昨日1時間残業してたし」みたいな。
(個人的に言うと朝ラッシュの緩和に繋がるから、フレックスは大賛成です。)

さて、個人的な感覚としては、前者の記事における、Aさんの意見に近いです。
「雇われていれば給料が出るのは当然と思っているのか」
というのが私と同じ考え方です。(他人のことは言えないのですがw)

Bさんは中途ながら、低業績者ということもあります。
業績は悪い、人とのつきあいも悪いではどうなんでしょうね。
こういうのを入れてしまったら人事の方も胃が痛いのでは無いかと思います。

今更言うことではないのですが、企業は利益追求するのが当たり前なので、
僕が経営者ならコスト削減として彼を真っ先に切ります

外国の方々と仕事をする機会があったので思うのですが、彼らは彼らの仕事をして帰りますよ。
定時で帰りたいのならば定時で終わらしますし、だからといってよほどでないと業績も悪くない。
完成度はともかくね…

それは、「労働時間が仕事の価値」でないからであり、
それは、事実として「労働時間が仕事量」として成り立たないということ。
2回も言うけど、完成度はともかくね…

思えば、この良い意味でいい加減な完成度を認める意識というのが、
日本の社会に、今、最も必要かもしれませんね。

今日は特にチラシの裏でした。
お目汚し失礼。

あると便利な工具について

私は精密機械工なので、工具は多くの種類を使います。
職を変えてからはミリ系とインチ系を併せて使っていますので、
工具が増えていく一方になっています。

さて、工具が増えていくと便利なことも多いのですが、
重たい、探すのが面倒だという観点から、便利な道具を探し続けています。
おそらく、みんなその様に考えているので、職場によってお薦めなアイテムはあるでしょう。

私にとって、便利な工具を3つほど挙げてみます。

・ネジザウルス
ネジで困ったらこれ。
プライヤーにもワイヤカッターにもなる優れもの。
これがないと仕事が出来ません。

・小さいマイナスドライバー
小さいマイナスドライバーは基本的にドライバーとして使いません。
固い物をこじ開けたり、梱包を切ったり、穴開けるのに使ったりします。

・セミロングのドライバー
ロングでは長すぎる、ノーマルでは短いと言うときに。
守備範囲が広いので使いやすいです。
ちなみに私はセミロングの下はスタビを使っています。

今は便利な工具箱を探しています。
スーツケースくらいの大きさで、軽くて丈夫な箱が欲しいです。

ロイターの、美しい上に考えさせられるニュースの写真が公開されていて感激した。

Pictures of the Year 2009
こんなのあったんですね。
知らんかった。

2009年の嬉しい写真も悲しい写真も載っています。

やっぱり、プロのカメラマンてのは違う。
こういう写真ってのは本当に撮れることがすごいと思う。


ここから先は僕の個人的な話。

秋葉の事件でカメラマンのマナーが色々問われていました。
あれは撮る際のマナーがどうのという話だったのです。

「ああいうことする人って、どうなの?」
「仕事だからってあんなことしてていいの?」
うん、分かる。

あれに関しての記事はこれになるんだけど、
花の写真を撮る
こういう事を書いていたら、この時にコメントしてくれた人たちのお怒りの言葉を思い出す。

で、その中でleOnさんの

それを見る立ち位置によって見える物は違ってきます。
例えば戦場で逃げまどう人達や飢餓でガリガリになった子供を撮ることだって
「メディアが伝えるべき真実」と言うかもしれないが、それだってレンズを通して
いない外側から見れば被写体を見殺しにしている残酷な行為とも言える

この一言が、僕が言いたかったことの全てなんですけど、
意図を汲んでくれていて本当に嬉しかったなぁと思い出します。

こういうの撮っている人は本当に悪人よね。
なぜなら、僕が当事者なら怒って殴りに行きたくなるもの。
身内が死んでるのに、それを見せ物に、そいつのお金にするんだから。

そう、どれだけ綺麗事を言っても、それはやっぱり悪なんだと思うんだ。
でも、誰かに伝える必要はあるんじゃないかな。
いわゆる必要悪じゃないかな。

未だに延々と続く葛藤です。

とある国家公務員の巣での話。

仕事で、とある国家公務員が働く場所へ行きました。

昨今、予算がどうのとか、仕分けがどうのとか色々あります。
それぞれがコスト削減に向けての話、無駄をなくす話になります。
(政治に関しては、それ要らなくね?とか色々ありますが…)

こんなにも色々言われている中での話になります。
ご挨拶にお伺いしたところ、ぱっと目についたのが、dyson DC26
『おいおい、まじかよ。うちなんか掃除機も無いぞ?』
と思いながら、見て見ぬふりを致しました。

これって6万円くらいするのです。
安くてそれくらいなので、彼らの仕入れルートでいくらするかは分かりません。

この項目だけで見ても60%程の削減は見込められると思いますが。
はてさて。

そもそも、予算というものを設定するからそうなるかな、とも思います。
無いとやりにくいというのも分かりますが、
こういう調整に使われるとなると、
何だかなぁという感じ。

国の予算であっても、買ったものについて一々公開するべきなのかもしれませんね。