カテゴリー別アーカイブ: 未分類

Apeのヘッドライトのバルブ交換。

我がApeさんが球切れを起こしていました。

ハイビームしか付かなくって、
何でかなぁと思っていたんです。
んで、バイクに詳しい友人に聞いてみたら、

「1バルブでハイとローのフィラメントがあるよ」
とのこと。
知らんかった。

「車の奴の方が安いよ、どっちも切れるときは切れるから」
なるほど。
2個ついてくるしね。

んで開けてみてみました。
ネットでバルブの形状と定格をチェック。
口金 「PH7」 の 「12V 30/30W」 でした。

昨晩ホームセンターへ行きましたが、
残念なことに30/30Wのバルブはありませんでした。
というか、どうも上記の規格の自動車はなさそうです。

仕方なしに、本日買ってきました。
本当はPIAAのが欲しかったのですが、
とりあえず何でもいいやということで、
安いハロゲン球を買ってきました。

というわけで交換した際のメモ。
下手な図解入り。

メンテナンスブックにバルブ交換が書いてなかったので、
見た感じで適当に開けました。
なので自分の備忘録を兼ねて。

開けてびっくりしたのが2点。

まず、開けるときに。
配線を利用して、小さいクモが生活を営んでいました。
しかし、彼はバルブの熱でやられてしまったようで、干からびていました。
巣を取り除くのが大変でした。

次に、付いていたバルブを見て。
元々付いていたバルブは白熱灯でした。
「普通の電球やん!」と突っ込んでしまいました。
今日日、ハロゲン以外のヘッドライトがあるなんて…

明るくなったかは、またチェックしてみたいと思います。
Apeのヘッドライトが暗いわけだわ…

そんな日。

Blogのキャッチフレーズ変更しました。

「日々の徒然。」

から

「日々の徒然。ニッチな情報。たまに写真。」

にしました。

日々の徒然がメインなのは相変わらずですが、
ニッチな情報を増やしすぎて、
他所様からは読み物のサイトに見えるそうなので。

元々、徒然自体がニッチな話が多いのですが、
キャッチフレーズの趣旨がずれてきているので、訂正いたしました。

記事は相変わらずそういう記事も多めでいきます。

防振ワッシャーが良い。

自作PCの話。

私の大型ケース、
ZALMAN GS1000
は非常に大きいアルミと樹脂の複合ケースです。

開けやすさと触りやすさ、
かゆいところに手が届く設計で、
満足しておりましたが、欠点もありました。

それは、HDDの振動で箱鳴りをすることでした。
DVDとかはまあ、風切り音の方が遙かにうるさいから良いとして、
HDDみたいな静かであって欲しいものには致命的でした。

ちなみに、5秒おきくらいに
「ぶぉーん…ぶぉーん…」
って言います。

最初は何だろな~と色々触ってみてたのですが、
箱の横を触ると音が軽減するため、
サイドカバーだろうと予測しておりました。

最近、HDDの回るときに音が変わることに気づき、
回しながら指で押さえてみると、音が変わりました。

つまり、
HDDが揺れて音を出す
→箱も揺れる
→音が出る
ということでした。

というわけで、
サンワサプライ 防振ワッシャーTK-SS4
を取り付けてみました。

抜群の効果を発揮してくれています。

後うるさいのはグラボのファンくらいです。
これは諦めているので…

共振でお悩みの方は一度お試しを。

そんな日。

母校に行く

友人が職員をしているというので、
遊びに行ってきました。

ちょうど文化祭でしたので。

ちゃんと仕事をやっていました。
楽しいと言えることが羨ましくも思えました。

でも、そうなんでしょう。
それって、とても素晴らしいことですよね。

彼はこれからも難関が待っていますが、
それでも楽しい今があるというのが良いですよね。

あの時3人で始めた事は、
国から補助金が降りるほどに育ちました。
私は楽しかったからやっていただけでしたが。

幸いにも、優秀な後輩がいたので、それなりの成果を挙げているようです。
良きかな良きかな。

私が学校から無理矢理降ろした予算は、
未だにちゃんと生かされていました。

あの時から10年になります。
はてさて。

僕の将来に対する唯ぼんやりした不安

追記になります。

有名な一文ですね。
今なら分かる気がします。

生きるか死ぬかというか、
もう、何もかもが面倒で仕方がない。
軽い、うつなのかな。

何にしても、何に対しても、完全にやる気は無いです。
もう何に対しても。

死ねばいいのにと言われれば甘んじて受け入れかねないです。

全てのモノがうざいと感じ始めています。
生きることがうざいと感じ始めています。
自分でも危ないと感じ始めています。

会社に一撃食らわせたい。

くそボケの会社が寝言をほざく。

この連休で諸事情があるのです。

そこで本社が
「その影響で不具合が予想されるため、前倒しで仕事しろ」
と。

…はぁ?

前倒しで仕事できるほど余裕無いだろがボケ!
まじで死ね。
ただでさえ仕事残しそうやのにカスが!
飯も食わずに仕事してるのに何をほざくか、死ね。

というわけで、今月のペースだと80時間残業しそうな私ですが、
一銭も残業代は出ません。
もちろん36協定なんかは破りっぱなしです。

働けば働くだけ損する会社なので、
とりあえず一撃かましてやろうかと思ったのですが、
上手いことする手だては無いものでしょうか。

つうか今日、2回くらい目眩して倒れそうになったけど、
それで本当に倒れたら労災降りるのかしらん。

そんな日。

EOS 7Dについて思う-2

今気づいたんだけど…
5DのレンズキットってLレンズよね。

7Dのレンズキットは何でこんななの?
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ef-s/ef-s15-85-f35-56/index.html

定価でも後35000円で、EF-S17-55mm F2.8 IS USM買えるけど?
18-200の方も、高い割には大したことの無いレンズだし。

失礼な話だけど、お金を持ってる年寄りねらいにしか感じません。

GIMPが本当に良くなった。

参考サイトはこれ。
Wikipedia
Gimp wiki
GIMP2を使おう

GIMPは2.6になってから、とても良くなった。
取っ付きにくいUIが改善された。
Photo Shop のブラシが使えるようになった。

相変わらずCMYKの出力に難があるというが、
私たちが普段使うのはRGBである。
印刷関係のプロでは困るだろうが、
少なくとも私は困らない。

実際使っていて困ったことは、特にない。
少なくともPhotoShop 7.0よりは十分使えるソフトと思えた。
カラーマッチングとかしていくと困るのかも知れんが…

そういえば、初めてGIMPを触ったのはいつだったか。

あれは、ネットが繋がるかどうかくらいの、
中学生くらいの時だったから、
バージョンで言うと0.6くらいの時だったろうか。

あの時、日本のLinuxといえばVineやTurbo。
あとはRedHatくらいで、Debianなんてマイナーだったと思う。
そんな中、Redhatをいれて、何ができるか遊んでいた。
その中でGIMPをインストールして遊んでいたが、
間もなくWindows移植版も出たので遊んでいた。

確か、あの時は中途半端な日本語化なソフトあった。
そこらのソフトよりは色々なことができそうな割には、
当時のこの系のソフトにしては珍しく無料であった。

何ができるかさっぱり分からなかったが、
Script-Fuが強力で、これから良くなるだろうと、確信していた。

そう思い、早十数年。
GIMPは2.6となっていた。
先日OSの入れ直しをした私は、
先日、写真を触る必要に迫られた。

いつも使っているPhotoShop 7.0のCDを手にした時、
GIMPの存在を、ふと思いついた。

というわけで先日入れてみたのだが、
十二分に力を発揮してくれたので有り難かった。

PhotoShopが無いなら入れてみればよいと思う。
それでもどうしてもPhotoShopがいるなら買えば良いと思う。

そんな日。

松尾寺に行って思ったこと

そろそろ山には秋があるかな、と思い、Apeさんで出かけました。
EOS 5DとZeissのPlanar 85mm/1.4を持って。

http://one-one.biz/photo?album=Sep2009

結論からいうと、秋の気配は感じましたが、
秋の色は感じませんでした。
晩夏から初秋という感じ。

音にはツクツクボウシや鈴虫などが鳴いていて、
とても秋らしい音でした。
気温もとても涼しくて秋らしかったです。

しかし、写真で撮る景色には、なかなか秋を感じられませんでした。
残念。

しかし、面白い看板を発見しました。
一枚目の写真に載せています。

「動物・ゴミ等の不法投棄を禁ず」
動物もモノ扱いw

そんな日。

やっとApe 50を、お披露目します。

たまに街でぶらぶらしている私です。

基本的にノーマルです。
マフラーくらいは変えたいです。
冬のボーナスにします。

前から

後ろから

こんな感じです。

とりあえず便利になれば良いなとキャリアを付けたのと、
泥を防がないフェンダーを下げただけです。
タイヤは最初から新品が付いていました。

マフラーのパイプがなんだか錆あるので、
それだけ何とかしたいな~。

そんな日。