「優先座席では携帯電話の電源をお切り下さい」の謎

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「優先座席では携帯電話の電源をお切り下さい」の謎
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

ツイートもしたんだけど、昨日こんなことがあった。

出張帰りの僕は、荷物が多いために車いすの方々に配慮された、
優先座席周辺のスペースに荷物を置き、携帯を弄っていた。
すると、近くに居たオッサンが突然肩を叩き、無言で
「優先座席 – 携帯電話の電源をお切り下さい」と書かれた絵を指した。
それを見た僕は
「あぁ、はいはい。すんません。」
と不満ながらも僕のマナーが悪いので携帯を仕舞った。
その後、オッサンは他にも何人か注意して、携帯を仕舞わせていた。

仕方がないのでDAPで音楽を聴きながら、ふと気付いた。
「優先座席周辺では、なぜ携帯電話の電源を切る必要があるのだろう?」
今となってはマナーとして当たり前となっていることに疑問が生じた。

最初の理由は確か、「心臓のペースメーカーの誤作動を引き起こす可能性があるから…」だったと思う。
しかしながら、携帯電話が原因で誤動作を起こした例は無いはず。
確か、この様な啓蒙活動をしているのは日本だけであったと記憶している。

「ペースメーカーの件は勘違いであり、理由にならない」
とすると、それでもなお優先座席周辺での携帯電話の電源を切る必要性があるとすれば、
「ただ単にマナー的な問題。特に、車内でカチャカチャやっていると鬱陶しい」
のような形に落ち着くと思う。

しかしながら、そうなると僕からすると、新聞を読まれることも鬱陶しい。
車内での携帯電話を使わないお喋りもそうだ。
そうなると「携帯電話だから」という理由にはならないし、
そもそもの「優先座席付近では」という括りに対しての疑問がわく。

それでも携帯電話が悪者扱いされるということはどういう事なのだろうか?
どうも日本は、多く広まったマナーに対して過敏な気がする。
他のことであるが、理由もなく「マナーだから」という武器を持ちだし、
他者を抑え付けようとする人達を幾度となく見てきた。
そのマナーは正しいのだろうか?

また、屁理屈で抗ってみようかと考えてみると、携帯電話とPHSは違う。
電磁波の強度が違うので医療機関ではPHSが使われていることは周知の事。
加えて、電波OFFモードでオフラインにて弄っている分には問題ないはずである。
などなど、「電源を切る」ことに対しての理由が段々減ってくる。

長くなってしまったが、マナーだという人たちは僕に教えて欲しい。
「何故、優先座席付近での携帯電話を切る必要があるのか。」
「マナーだというのならば、そのマナーの理由は何なのか。」


ちなみにこの話にはオチがある。
下車する際にオッサンが気を遣い、
「自分、すまんな、気を悪うしたやろ?」
と言ってきたので、笑いながら
「ええよ、オッチャンは悪ない。…ただ、
オッチャンの目の前にも同じ事をしている女の子がおったのに、
俺や兄ちゃんばかりに注意していたんは何でやろうな?と思っただけや

「はは…そうか…そうやな…」
と苦笑いをするオッサンがそこにいた。

「「優先座席では携帯電話の電源をお切り下さい」の謎」への3件のフィードバック

  1. ルールがあるなら守りなさい。
    子供だって守ってますよ。

    ルールに不満を持つのはもちろん自由ですが、現在のルールに従わないのはただの馬鹿です。
    しかるべきところに自分の意見を発表して、ルールが変更されて初めて電源を入れていて良いのですよ。

    世の中にはたくさんの決まりごとがあります。
    その決まりごとに納得できないからと言って、自分の判断で勝手なことをして良いわけじゃないんですよ。

    1. ししゃもさん、コメントありがとうございます。

      この記事に関しては、「ルールを守る守らないの是非」が論点ではなく、「なぜこのルールが出来たのかという疑問」がメインです。

      つまり、単純な疑問です。
      このような形骸化している内容について、アップデートはされないのも何でなのでしょうね。

  2. ここで汚いコメントを残しているししゃもとかいう奴みたいにルールやマナーとやらを
    錦の御旗のように振りかざし他人を下に見て優越感を得ているような矮小で幼稚な精神の
    図体ばかりでかくなったガキはたくさんいます。

    かってに李承晩ラインというルールを作って日本人に押し付け竹島を占領した朝鮮人のように

コメントを残す