東京大学非常勤講師の時給が安いという話についての話

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 東京大学非常勤講師の時給が安いという話についての話
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

Togetter – 「とつげき東北「東大非常勤講師より学生コンパニオンの方が給料高い世の中。おかしくね?」」
というのがあるのだけど、至極当然だと思う。
全くおかしくない。
おかしいのはその様に考える社会であると考える。

お金は必要なところに発生するはずである。
その理由は白かろうが黒かろうが、必要であれば発生する。

ここにおける学生コンパニオンの寿命は短い。
そう考えると、トータルで考えると彼女らの方が安くなるはずである。

大体、お金を大きく稼ぐのが目的ならば、その様な職業に就くこと自体が間違いであるはず。
一部を除いて職業は自由に選べるはずであるので、儲けられる職に就けば良いだけの話。
それが大前提なのは当たり前である。

反論すると、あなたは学生コンパニオンよりも稼げるのだろうかと言うこと。
それがつまり、彼女らの寿命の短さと給料の高さを表す一つの指標であると考える。

東大の非常勤講師は確かに偉いかもしれないが、お金は回さない。
そこにお金を回す理由は無いという話に落ち着く。

コメントを残す