労働時間=仕事量ではなく、労働時間=仕事の価値ではない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 労働時間=仕事量ではなく、労働時間=仕事の価値ではない。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

労働時間について面白い記事が2点あったのでご紹介。

「半人前で残業なんか気にするな」 もう古いのか : J-CAST会社ウォッチ
遅刻に厳しい日本人 「でも終わる時間には寛容」

両方面白いですね。
嘘か本当かはしれませんが、両方良くある話だと思います。

前者においては定時後の時間についての問題ですね。
サービス残業を求められたと感じた故の発言でしょう。

後者においてはフレックス的な理屈ですよね。
乱暴に言うと「今日1時間後れてきたけど、昨日1時間残業してたし」みたいな。
(個人的に言うと朝ラッシュの緩和に繋がるから、フレックスは大賛成です。)

さて、個人的な感覚としては、前者の記事における、Aさんの意見に近いです。
「雇われていれば給料が出るのは当然と思っているのか」
というのが私と同じ考え方です。(他人のことは言えないのですがw)

Bさんは中途ながら、低業績者ということもあります。
業績は悪い、人とのつきあいも悪いではどうなんでしょうね。
こういうのを入れてしまったら人事の方も胃が痛いのでは無いかと思います。

今更言うことではないのですが、企業は利益追求するのが当たり前なので、
僕が経営者ならコスト削減として彼を真っ先に切ります

外国の方々と仕事をする機会があったので思うのですが、彼らは彼らの仕事をして帰りますよ。
定時で帰りたいのならば定時で終わらしますし、だからといってよほどでないと業績も悪くない。
完成度はともかくね…

それは、「労働時間が仕事の価値」でないからであり、
それは、事実として「労働時間が仕事量」として成り立たないということ。
2回も言うけど、完成度はともかくね…

思えば、この良い意味でいい加減な完成度を認める意識というのが、
日本の社会に、今、最も必要かもしれませんね。

今日は特にチラシの裏でした。
お目汚し失礼。

コメントを残す