GOPANで食費は浮くのか?計算してみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GOPANで食費は浮くのか?計算してみる。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

GOPANは秋に三洋から出る米をパンにする機械。
米粉」をではなく、「」をパンにする機械。

パンの価格もピンキリなので、山崎パンの超芳醇を170円程度で買うというのを基準にします。
僕の生活からすると、一日に「1/3」食べるとします。

・GOPAN 45,000円(50,000円とあるので、割り引かれると仮定)
・米 3000円/10kg(安いの選ぶとすると)
その他は計算めんどうなので10kgの米に対して1000円とします。

一回につき220gの米が必要です。
10kgの米で45斤のパンが作れるとします。
つまり、45斤のパンを作るのに4,000円かかります。
およそ90円で作れることになるのですが、水代電気代等諸々含め、
1斤辺り100円程度で作れるということにします。

イニシャルコストがかかってますので、何斤で並ぶかを考えます。
式を立てますと、

xはパンの個数です。
45000 + 100x = 170x
x = 642.8….

というわけで、およそ643個目からGOPANがお徳になります。
さて、643個の必要が出るまでに何日かかるでしょうか。
3日で1斤ですので、計算の結果、5年以上かかることになります。

つまり、5年間毎日GOPANを使ってトントンというところ。
この機械、5年持つのかしらw

というわけで、米粉のパンが欲しくない人にとっては、
どっちでも良いような結果になってしまいました。

でも、こういう意欲作が未だに出てくる事って本当に良いですよね。
三洋頑張れ。

「GOPANで食費は浮くのか?計算してみる。」への3件のフィードバック

    1. はじめまして。

      できたてのパンという観点に関しては間違いありませんね。
      ただ、4時間かかるとのことなので、寝る前に仕掛けておかないと、
      できたてにありつくのは難しいかもしれませんね。

      どちらにしても面白い商品です。

コメントを残す