改訂版:Thunderbird 3.0 で Lightning を使い、Google カレンダーと同期をさせる方法。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 改訂版:Thunderbird 3.0 で Lightning を使い、Google カレンダーと同期をさせる方法。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

コメントにてご指摘いただきましたので修正いたします。
Provider for Calendar 0.7.1
も必要です。

問い合わせがあったので、改訂版を公開します。

動作環境は

.0.3
1.0b
7 x64 Ult
Provider for Google Calendar 0.7.1

です。
Lightningはインストールしているものとして進めます。

1. Google Cal から “ICAL” のアドレスを引っ張ってくる




2. Thunderbird で設定する



こんな感じでできます。

「改訂版:Thunderbird 3.0 で Lightning を使い、Google カレンダーと同期をさせる方法。」への9件のフィードバック

  1. Provider for Google Calendarも必要じゃありませんか?
    でないと画像最後から2番目の「新しいカレンダー」のところに
    「Googleカレンダー」の項目は出てこないと思いますが

    1. ご指摘ありがとうございます!

      この記事は該当アドオンが無い状態が元でして、
      (該当アドオンが無くとも同期が取れていた)
      その後、該当アドオンを入れていたのに、すっかり忘れていました。

      助かります~^^

      1. cozyさん、私のところにもProvider for Google Calendarが必要とのコメントを受けました。
        自分もProvider for Google Calendarを入れていたので、同期していない事に気づきませんでした。

        ただ検索してみると、
        http://www.google.com/support/calendar/bin/answer.py?hl=en&answer=99358#sunbird
        にアドオンを使わない方法が載っていました。
        一応今の所は使えています。
        アドオンと両方のやり方を使ってみようと思っています。

      2. Hiroさん、ご迷惑をおかけしております。

        その方法は私の記事の元の奴ですね。
        もっと楽にできるから…と思って書いたのですが…
        結果として不完全な情報を流してしまいました。

        申し訳ございません。

  2. cozyさん、
    あっ、そうですね。
    失礼しました。

    とりあえず、1台はProvider for Google Calendarなしでやってみようと思います。

コメントを残す