OSの値段と買い方について

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - OSの値段と買い方について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

プリインストールされている奴は、一体どれくらいのライセンス料が掛かっているのだろうと思う。
というのも、用事があって、OSの値段を調べていたため。

7を購入することになったのだけど、
買い方が以下の通りあるわけで。

1. DSP版 + HDDなど
2. アップグレード版
3. パッケージ版

1. DSP版 + HDDなど

12,500円(+付属品)くらい。
単体で使えるOSのディスクが手に入る。
このことはアップグレード版と比べて使い勝手が良い。
PCのパーツに付いてくるという建前上、何かしらのパーツ購入が前提。
その分余計にお金がかかるが、HDDなどの買い足しの用事があるなら好都合。

2. アップグレード版

12,500円くらい。
ディスク自体を手に入れるには一番安い。
が、アップグレード版なために、前のOSのディスクが必要になったりする。
これが不便。
元々ディスクを持っているならいいけれども、
プリインストールされている有名メーカーPCなどでは面倒なことが多い。
特にリカバリ領域をHDDに納めているモデルなどは避けた方が良いと思う。

3. パッケージ版

23,000円くらい。
価格は一番高い。
が、32bit版と64bit版が同時に付いてくる。
つまり一枚あたり11,500円。
将来的に手にいれるつもりなら一考の価値有り。

こんな感じ。
うまいこと商売されている実感が有ります。

ちなみにUbuntuは無料ですw

コメントを残す