「危ないから止めなさい」と子供に注意を促す親について思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「危ないから止めなさい」と子供に注意を促す親について思う。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

親が子供を叱る時、

昔の親「コラッ!!」

最近の親「危ないから止めなさい」

となっているように感じる。

こういう経験より。

スーパーで買い物中、小さい子達が私の足元をウロチョロと。
どうも売り場で遊ぶのが楽しい様子。

しかしながら、歩く邪魔になっていたので、
「ちょっとごめんね~」
と踏み出したときに、母親が発した一声。

「危ないからどけなさい」

おいおい、おれは危険物か?

百歩譲って危険人物だとしても、
その言い方は危険人物の気分を害するだけな気もするけど。

しかも、危ないからと言われて、
言う事を聞いている子を見たことが無いわけで。

良く考えてみたら、俺ですら「どこが危ないのか分からん事」
を危ないと言うている方が多いように感じるわけで。

適した一言が無いのかなぁ。
変な言い方するなら「コラッ」で十分と思うけどなぁ。

と思っていたら、
潜在意識は否定語を理解できない
という記事が。

つまり、
「邪魔にならないように大人しくしなさい」
と言うべきだったということかな、と。

褒めるのも難しいけど、怒るのも難しいですよね。

コメントを残す