今時のインスタントカメラについて思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 今時のインスタントカメラについて思う。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

いわゆるインスタントカメラというのは、ポラロイドだと思います。
先日だって日本法人が出来たので思うことを。

暗室作業を必要とせず、撮影から1分ほどで写真ができあがる、
何ともお手軽な物でした。
近年では定着前にはがしたりするアートが流行ったりもしました。
トイカメラブームの際の人気もありました。

これらは昨今のデジタルブームにより、相次ぐ撤退が決まりました。
今残っている上記のような機器は、富士フイルムのチェキでしょう。

元祖インスタントカメラのポラロイドは、デジタルに走っていきました。
そして完成したのが、「PoGo」
プリンタ内蔵のカメラで、名刺くらいのサイズのプリントが得られます。

使用するペーパーはZINK Zero Ink
感熱式のペーパーとのこと。
タカラトミーのxiaoと同じ。
一枚あたりの単価も安く、それなりの画質が得られるインスタントカメラになりました。

今となってしまえば、携帯で写真が撮れるし、
高画質なデジタル一眼も安価になっています。
ペーパーに出さずに画面の中で足りるという方々も多くなっています。

その中で敢えて出してきたのが Polaroid TWO
大変感慨深い製品ですね。

トイカメラ的な性能もこの会社だから許されるでしょう。
あのサイズのペーパーでは500万画素でもオーバースペックです。

もっと言うと、PoGoというモバイルプリンタが安売りになっています。
写真は携帯という人たちも、これならば楽しめるのではないかなぁと思います。

写真はペーパーに起こしてこその価値があると思います。
以前流行った、「プリクラ」みたいなのでも楽しめるように。

今までやったこと無い人たちにこそ、お薦めです。
写真の管理なんか、深く考えない方が良いです。
でかいコルクボードにピンを打ちまくっていくだけでも楽しいですよ。

コメントを残す