詰めが甘い人は、細かいことに気づかない人?

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 詰めが甘い人は、細かいことに気づかない人?
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

私のことです。
自分自身、弱いところを考える機会がありましたので、色々考えました。

もちろん多々に欠点はあるものの、
ある意味では武器とも言える事柄も多いわけです。

その中でも、武器になり得ないことの一つに
「詰めが甘い」
という項目があります。

なぜ、詰めが甘いのか考えてみました。
思いついたのは以下の通り。

・途中で他のことが気になってくる
・飽きてくる
・全行程の八割で達成したような気分になる

大きくこの三つでした。
前の2つは集中力が途絶えてくるということかもしれません。

さて、このエントリのメインの話題は最後の項目。
「全行程の八割で達成したような気分になる」
と考えついた理由は明白です。

本来は「全ての行程」には「撤収」まで含むべきだと思うのです。
「家に帰るまでが遠足」なのです。

少なくとも私は、完成としたらそれで満足します。
普通の人なら済ます、「仕上げ」すらしません。
仕上げもしていないのに後片付けはするわけありません。

これは特に全てのことにあてはまることで、
よくよく考えれば掃除にも料理にも何にで当てはまります。

逆に、しっかりと詰められる人は、そのようなことはありません。
最後までキチンとこなします。

その差は、「できる人にとっては、細かくない」ことが、
「できない人には、細かくて何も見えない」になっているように感じます。

つまりは注意深く見ておれば問題ないはずなのですが、
注意散漫な性格のせいなのか、そう出来ないのです。

おそらく、私と同じような人は同じような経験が多々あるように感じます。
財布を忘れるサザエさんのように。

同じような経験の方々、いかがでしょうか?

コメントを残す