某ゲームの作曲家の話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 某ゲームの作曲家の話。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

友人は、とある中堅ゲーム会社に勤めています。

そこでゲームの音楽を作る毎日を過ごしているのですが、
そんな彼が酒の席で話をしてくれました。

その彼を、仮にAとしましょう。
また、そういう業界に入りたい別の友人(現在無職)をBとしましょう。
Bの人生相談のような話からの一部を抜粋。

A「毎日曲ばかり作っていると、アイデアが無くなっていく。
何のアイデアも無いところから曲を捻り出さなきゃならないんだ。
同じような曲でも、クソのような曲でも、
「何でこんな曲?」と自分で思っても、捻り出さなきゃならないんだ。
そんな風に思っていても曲は出てこなくなる。
ゲリクソでも出るだけマシなんだ。」

B「俺は、作りたい曲を作りたいな」

A「それなら音楽関係、少なくとも作曲はやめた方が良いよ。
ゲリクソを自分で認められるようじゃないと、できない。」

私は酔っぱらって夢うつつでしたので話に参加はしていません。

最近、名曲が少ないのも、デビュー曲以外さっぱりなのが多かったりするのも、
こういうのが原因の一つなんでしょうか。

コメントを残す