CDが売れないと言われている件について思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - CDが売れないと言われている件について思う。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

逆に思う。

今まで「売れていたCD」とは?
そして、購入していた層は?

数字がオリコンくらいしか無いので、
なかなか一概には言えないところだと思うが、
少なくとも今のこの風潮は、私にとっては有り難い。

確かに、CDが無くても音楽が聴ける時代である。
元々、日本のCDは高すぎる。
適正価格は輸入盤と同じ、1,500円くらいと思う。
1,500でも利益が出る構造が既にできあがっているのだから、
日本で出来ないわけがないと思う。

中古商品を扱う某チェーン店で働いている友人に聴くと、
CDのセールをやったときに効果があったのは、
「2000円で売っているCDを1000円にする」
というものであったという。
確かに、ワンコインならぬ、ワンビルなわけで、非常にお買い得感がある。

流通の加減もあるだろうし、値段を下げて弊害は出てくると思う。
しかし、春に坂本龍一が発売したアルバム、out of noiseのように、
パッケージを簡略化し、値段を下げるというような方法があっても良いと思う。

諸悪の根源とも言える、JASRACが賢くなれば、
もう少し安くなったりすると思うのだが。

はてさて。

コメントを残す