京都大アンティークフェア へ行く

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 京都大アンティークフェア へ行く
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

昨晩から友人と飲んでおりました。
そのまま一輪挿しが欲しいという友人に連れられ、
パルスプラザと言うところへ行ってきました。

とても多くの人がいました。
まるで、骨董のコミケでした。

入って、まず思ったことは、
お金の感覚が狂ってくると言うことでした。
買う気はないので何ともありませんでしたが。

私の経験からすると、この感覚はオーディオを買うときに似ています。
道楽というのはこういうものかと思いました。

出て、ジュースを買って思いました。
私のApeさんを見て思いました。
というよりも、気づかされました。
お金の価値って何だろうということ。

批判をするわけではありませんが、
良くも悪くも、「マイナスイオン」みたいな存在に感じました。
いわゆる、普通にしていてあるのか分からないような、そんな付加価値。
そして、それが本物なのかということ。

それが、さも当然のような値段で取引をされておりました。
フリーマーケットのような状態なのにもかかわらず、
とても考えられない値段の自称逸品達。

それが違和感であり、私にとってそれは、
「決してこの世界に入ることの出来ない”境目”」
になっているんだろうと思いました。

コメントを残す