GIMPが本当に良くなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - GIMPが本当に良くなった。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

参考サイトはこれ。
Wikipedia
Gimp wiki
GIMP2を使おう

GIMPは2.6になってから、とても良くなった。
取っ付きにくいUIが改善された。
Photo Shop のブラシが使えるようになった。

相変わらずCMYKの出力に難があるというが、
私たちが普段使うのはRGBである。
印刷関係のプロでは困るだろうが、
少なくとも私は困らない。

実際使っていて困ったことは、特にない。
少なくともPhotoShop 7.0よりは十分使えるソフトと思えた。
カラーマッチングとかしていくと困るのかも知れんが…

そういえば、初めてGIMPを触ったのはいつだったか。

あれは、ネットが繋がるかどうかくらいの、
中学生くらいの時だったから、
バージョンで言うと0.6くらいの時だったろうか。

あの時、日本のLinuxといえばVineやTurbo。
あとはRedHatくらいで、Debianなんてマイナーだったと思う。
そんな中、Redhatをいれて、何ができるか遊んでいた。
その中でGIMPをインストールして遊んでいたが、
間もなくWindows移植版も出たので遊んでいた。

確か、あの時は中途半端な日本語化なソフトあった。
そこらのソフトよりは色々なことができそうな割には、
当時のこの系のソフトにしては珍しく無料であった。

何ができるかさっぱり分からなかったが、
Script-Fuが強力で、これから良くなるだろうと、確信していた。

そう思い、早十数年。
GIMPは2.6となっていた。
先日OSの入れ直しをした私は、
先日、写真を触る必要に迫られた。

いつも使っているPhotoShop 7.0のCDを手にした時、
GIMPの存在を、ふと思いついた。

というわけで先日入れてみたのだが、
十二分に力を発揮してくれたので有り難かった。

PhotoShopが無いなら入れてみればよいと思う。
それでもどうしてもPhotoShopがいるなら買えば良いと思う。

そんな日。

コメントを残す