仕事について見切りを付ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 仕事について見切りを付ける。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

もう変更は無いでしょう。

仕事ってお金のためだけにやるわけではないけど、
ある程度のお金は無いと困るのです。
働いた分は、あるべきなのです。

外勤の人はそう思うと思います。
見なし残業は付けられているけれども、
そんな数字を遙かに上回る時間なのです。

ご飯も食べられない、食べる時間がない。
それくらい延々と仕事をしている。
その割には暮らしていくお金もない。
一人なら暮らせますが、家賃を払いつつ世帯はもてません。

今、現状で世帯を持つ気はありません。
金銭的にも、もてる気もしません。
共働きが基本です。
一人では家族を支えられません。

頑張って評価を得ました。
不景気の中、周りの給料が下がる中、私は若干のプラスに転じております。
しかし、それですらこの様な状態。

お金は会社に入らなくても稼ぐことができます。

ある人は言いました。
「会社は、会社からお金をもらうところではない、会社で稼ぐところだと」
そう思います。

ある人は言いました。
「会社のこのやり方に不満があるならば、会社を興すしかない」
そう思います。
そうするつもりはありませんが。

今の仕事は、最低限を稼ぐ事はできますが、時間に見合いません。
明らかに今より低賃金の仕事でも副業をこなす方が良いです。
おそらくは、ゴミ収集の方がマシでしょう。

また、お金をもらえなくても、やりたい仕事なら良いです。
しかし、滑り止めで受かった会社な上、
お客さんのためにならないような会社の方針にも辟易しております。

今、この会社にいるメリットは一つ。
何か体に異変があっても、会社が守ってくれる。

それだけです。
しかし、今の状態では体に異変を起こすのは、明らかに仕事のせい、です。
そんな守りはいりません。

本格的に活動開始です。
こんな私を欲しいという会社があれば是非。
納得の給料がもらえれば、文句は言いません。
ワーキングプアだけは勘弁。

そんな日。

コメントを残す