緊急車両を使う人に対して思う。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 緊急車両を使う人に対して思う。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

私用で緊急車両を使う人について。
最近特に思う。
ニュースで見なくても思う。
事実として周りでたくさんある。
とはいえ、私が常識人かというと違うとは思うけど。

救命救急は明らかに重傷でない場合は、
罰金を取っても良いと思う。
診察の段階でもそれはわかるので、
いずれ発覚するはずである。
ガソリン代もタダではない。
人件費もタダではない。
何より、他の重症患者がかわいそうである。
常識人なら分かるはずである。

また、緊急車両が来ても避けない車が多いように感じる。
事実として多数目撃している。
あり得ないと思う。
交通事情はあるだろうけど、
そうでない場合は公務執行妨害取ればいいと思う。
ひどい言い方かも知れんが死ねばいいと思う。

病院の受け入れも同じく思う。
医者を減らしていた国が急に増やすなんて愚の骨頂。
牛乳の件もそうだけど、対応がアホすぎる。
波が読めてなさ過ぎる。
考えれば分かるはずである。
頭が悪いのか考える気がないのか。

今時米を買い上げるような政策とってる国だから、
仕方がないような気もする。
今日日、問屋業ははやらないのである。
交通インフラが整ってしまったため、
メーカー直取引で十分事が足りる。
事実として問屋街は廃れていっている。
問屋が卸さなくてもマーケットは動くのだ。

時代遅れな政策はねじれ国会によって更に遅れる。
とはいえ、愚かな政策を通されるより良いのかも知れん。

愚かな政策、と思っているのは一部なのか大部なのか。
はてさて。

左な意見を書いていて思う。

朝日新聞の素粒子は、素粒子になった時から鼻につく書き方である。
以前は何だったか思い出せないが、穏やかに批判していた。
素粒子は汚い言葉を汚い羅列で書くだけの、ただの皮肉である。
鳩山法相の立腹も納得である。
しかしながら、書かれてしまう世論を意識すべきとも思う。
意識した上でなら、納得いく説明がないのが不思議であるが。

そんな日。

コメントを残す