寝る間も惜しんでiQ9の調整。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 寝る間も惜しんでiQ9の調整。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

鳴らし込みも終わらぬうちから調整。
未だ30時間くらいしか鳴らしてません。

CDP : Marantz / CD5001 KAI (逸品館仕様、この価格帯では良いと思ったので。)
Power AMP : Flying Mole / DAD-M1(モノラルアンプなので2個使ってます)
Pre AMP : COSMOTECHNO / CS-M1(でっかいボリュームw)
SP : KEF /
Analog P : COSMOTECHNO / DJ-4500 (安いね)

なんだかんだで安物で組み合わせて遊んでいます。
でも、なんだかんだで結構音出るんだな~。
ラックスとかで4312よりも好きなんだな。
マランツとB&Wよりも好きなんだな。

さて、iQ9はバイワイヤ対応であります。
また、バスレフポートを防ぐスポンジもついています。

現在、高→低のたすきがけをしています。
音が眠くなった気もしますが、元々眠い音なので気にしない。
全体的に音が下がったような。
気になっていた中低音が改善されたので良し。
やっとウッドベースが安心して聴ける。

バスレフポートは上のウーファーを塞ぎました。
つうかバスレフポートから出る低音って遅いしボワボワするし嫌い。
でも全部閉めると弱かったので下だけ開けました。
耳につくところが遅い低音だとムカつくので。

さて、これでしばらく静観してみて、
気になるようならバイワイヤも考えなければなりませんね。
バイアンプは機器上厳しいので却下。

しかし、iQの中音以外の処理が難しい。
何とかうまい事ならんかな~。

そんな日。

コメントを残す