京都の某店で値切り交渉。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 京都の某店で値切り交渉。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]

目的はWillcomの機種の値段交渉です。
京都タワーの隣の某関西私鉄のデパート、
某大手パソコンショップの中の店です。
卒研の後で行ってきました。

友人も壊れたので機種変ならどれくらいだろうと、
そんな気持ちで行くことになりました。

行くと早速、販売員の女の子が寄ってきました。
この子を女の子Aとしましょう。
方言丸出しの可愛い子です。
こういう子供が欲しい
…さて、それは置いといて。

私たちの質問がマニアックだったのか、
その子は先輩をヘルプに呼びました。
この子を女の子Bとしましょう。

しかしながら、B子から語られる内容はA子以上ではありませんでした。
これ以上の質問は無駄だと思い、値段交渉開始。

ターゲットはW-ZERO [es]のプレミアム。
34,800円がデータ定額で29,800円からスタート。

私「いくらになる?」
B「データ定額で29,800になります。」
私「いくらまでいける?」
B「カードを使っていただければ1000円引きになります。」

私の経験上、Bの様な販売員は非常に手強いです。
以上は最悪の店員の応対。

ここからは私が家の近所の上新電機(ここではCさん)で、
29,800円が24,800からの時の話。

私「いくらになる?」
C「24,800円になっていますが…」
私「いくらまで行ける?」
C「多分、22,000くらいまではいけると思うんですが…」
私「Yバシで19,800円やったんやけど?」
C「ちょっと待ってくださいね、上司に相談します」

C「すみません、21.000円よりはいかないようです。」

といった感じ。
BとCの差、分かりますよね?
そんな感じです。
そもそも、説明の段階でCさんはとても分かりやすかったです。
皆さんも店員は選びましょう。

そんな日。

今日の紹介はCD。

i-depのsmile exchange。
可愛い爽やかハウス。
素晴らしいの一言。

コメントを残す